アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダとは~世界最古の伝承医学

アーユルヴェーダとはサンスクリット語でAyur「生命」、Veda「知識」で、「生命の知識」と言う意味。「生命の科学」とも言われたりします。

西洋医学では体の各臓器ごとに分けて診断しますが、アーユルヴェーダでは身体は全体で一つとしており、心と体も一つとしています。ドーシャ(エネルギー)、アグニ(消化力)、ダートゥ(身体構成組織)、マラ(老廃物)、感覚器官、精神、オージャス(免疫)、スロータス(代謝)、のバランスを整っている事を健康とし、このバランスが整うと魂も輝き出すと言われています。

今から3000年〜5000年も前にインドを中心に伝えられてきた東洋伝承医学で、世界三大医学の一つです。

医学の歴史においては、書物が残っている中では世界最古の医学です。

「生命の根本原則」を体系化したもので、日本の漢方医学や中国医学の基となったとも言われています。アーユルヴェーダはインドやスリランカでは、西洋医学と並ぶ医療としてなっており、アーユルヴェーダのドクター資格を持ったドクターが病院を構えていて、市民の町医者のような感じです。

現地スリランカやインドでも日本と同様に西洋医学に押されてはいるようですが、現在でも病院では診断できない未病や、解決できない難病の治療にも役立っています。

最近では、自然治癒力に重きをおいたこの東洋医学が西洋医学と融合し、より良い医療をめざしている事もあり東洋医学の魅力が再認識され注目がさらに高まっています。

世界保健機構(WHO)も慢性疾患や難治療疾患に対して推奨する伝統医学として正式に認定しています。

日本では医療としては認められていませんが、オイルトリートメントをセラピストが行っていますので

マッサージトリートメントを体感する事ができます。症状に合った薬草オイルを用いて乱れた体調不良を整えたり、身体のバランスを整える事で健康に、健康的に内からの美容効果も期待できます。

アーユルヴェーダとは 伝承医学 健康 美容効果 スリランカ インド 世界三大医学 東洋医学 健康法 美容法 自然治療 

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村


アーユルヴェーダランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です